サファリY60のエンジン換装その他いろいろ3

道端でY60サファリのエンジンを換装するBLOGのはずですが・・・ 只今休止中・・・m(_ _;)m gooブログで近況報告を含めてPhotomemoのまとめ投稿中・・・→http://blog.goo.ne.jp/land_crawler

 
プロフィール

くろうら

Author:くろうら
ようこそ!

道端でサファリY60のエンジン換装するはず・・・
が、未だ停滞中。
日常の事やメインクーンの三女『みんと』の事も書いてたり。

最新記事
記事内 検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特に何があったと言う訳でもないのですが、ブログの更新をサボり中です…

ネタが無いどころか書きたい事は山ほどあるんですが、毎週土曜日もタダ働きが続いていてそれ以外の休日も職場から持ち帰った資料を元に書類や施工用の図面を作成する週末が続いています。


PCに向かってキーボードをカタカタ、アップロード用の画像をブログの制限以下の容量に変換して、文章に誤字脱字が無いか推敲して…という行為が苦痛に感じてしまっているので。


施工図や書類作成に追われる日々から脱却出来たら、また更新を致しますので…

その時までしばらく更新はお休みです。

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

スポンサーサイト

2010年09月19日

車が住宅の電源に

日経ビジネスにこんな記事が出ていたのでご紹介。



車が住宅の電源に、日産などの技術をNEDOが採択
2010/09/16

 電気自動車の車載バッテリーを家庭用電源などに活用することを目指して日産自動車など4社が提案したエネルギーマネジメントシステムが8月31日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した研究委託事業「蓄電複合システム化技術開発」事業に採択された。2012年度内の完成を目標に開発を進める。

 採択されたのは「放電対応EV(電気自動車)を用いたエネルギーマネジメントシステム」。日産のほか、日立製作所、オリックス、オリックス自動車の計4社の提案で、開発オブザーバーとして、日産カーレンタルソリューションが参加する。

 EVの車載蓄電池を、将来的に電力貯蔵可能な社会インフラの一つとして、家庭や地域社会で活用するのが目標。戸建て住宅や集合住宅、ビル、エコ充電スタンドに接続したEV車載蓄電池や定置型蓄電池を効率的かつ利便性よく運用し、再生エネルギーの利用率向上を図る。

 各社の役割は、日産自動車が、EVの蓄電池から家庭やビルなどに放電する技術の開発で、通信制御技術の開発も含む。日立製作所は太陽光発電と蓄電池を利用したエコ充電システムやEVとエコ充電システムを連携させたエネルギーマネジメント技術を開発する。

 オリックスとオリックス自動車は、充電スタンド管理センターと連携して予約や配車を行うEVシェアリングマネジメントシステムを開発する。

 4社の技術は、横浜市が8月に経済産業省に提出した「横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)」の一部として実証を進めていく予定だ。また、日産自動車は、NEDOから指名を受けて「蓄電複合システム化技術開発」の横浜市実証グループの監事社としても取り組んでいく。



と言う事です。

クルマの蓄電池を住宅用に活用するって言うのが目新しいね。
NEDOが採択した、って事でかなり期待出来るのかも知れません。

2012年度内に完成、ってのは既にある程度下地が出来ているからなんでしょうね。
日産は昨年度横浜市内でカセット式充電器交換方式の運用実験をしていたし、今後も市内で実証実験を行って行くんではないかと思われます。


スマートグリッドに関してもメーカーや商社、各種団体などが本腰を入れて開発中だし、太陽光発電や直流送電、直交混合送電も実験中。
このシステムとリンクする事が可能か否かはまだわかりませんけど、蓄電池も直流なので発展する可能性は高そうな気がします。


くろうらは建築工事に携わっているので、今後の動向も気になるところです。
来月の業者会でこの件を紹介してみようっと。

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

gooやDTIブログの頃から何度も登場している社用車のライフ君。
いよいよ来月でリースアップする事になりました。


神奈川県内全域や都内までカバーしているため、走行距離は伸びるのびる。
とは言え最近は社内での管理業務や都内での会議が増えてきたせいか、遠方まで足を伸ばす機会が減ってきているのも事実なんですけどね・・・


つい先日、オドメーターが111111kmに近づいてきたのでカメラを用意。
「そろそろ来るかな・・・ おし、ゾロ目~!」ってところで一枚。
メーター03



こっちは湾岸線を走行中、またもメーター振り切りの一歩手前で一枚。
メーター01
この日は三浦半島の先端、三崎漁港まで一っ走り。


前日も深夜残業だったので起きるのが遅くて焦って首都高へ。
そう言いながらも流れは順調だったので記念撮影~!


もう5年も経つってのに、ライフ君の心臓はタフです。
工具や資材を満載なのにこの元気さ。


次のクルマは日産の『MOCO』(スズキのMRワゴンのOEMね)かダイハツの『MOVE』のどっちかだそうです。
くろうらの車内の様子から「ワンボックスにしなよ」って毎度言われてるんですが、遠っ走りが多いのでワンボックスだとツライんですよ。
オマケにワンボックスのバン(商用車)だと予算の関係で3速ATしか選択肢が無いって言うジャン?


横羽線や湾岸線をカッ飛ぶのが、今のくろうらの唯一のストレス解消法なんだから奪わないでね~!



あ、この写真は『同乗者』に撮らせてますからね、念のため(笑)
って事で。

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

このところ週末ごとにイベントの応援やら招待やらでず~っと休みナシ。
先週は午前中に現場巡視を終わらせて、販売店が招待してくれた展示会に参加。

某代理店が主催する、都内の某(笑)巨大展示場で行われたイベントでした。


展示場に入るとまずは改正された、若しくはこれからされるであろう建築基準法についての展示。
エコみらい市02




住設系の代理店の展示会だからなのか、町場の設備屋さんが多かったみたいで無関心な人がほとんど。
これって大事なんだけど、「関係ないや」って思っているのかね・・・?
エコみらい市01





トヨタはFCVを展示。
エコみらい市05



忙しくてあまりじっくりと見られませんでした・・・
エコみらい市03



知りたい人はこれを読んでね(オイ)。
エコみらい市04



東京電力仕様のi-MiEV
エコみらい市06
街中でも良く見かけます。




電動スクーターも展示してました。
エコみらい市09



PRO STAFFが販売。
エコみらい市08
と言ってもクルマ屋ではなく工具卸の会社みたいですね。





東大の研究室と民間企業(?)が木の構造体に関してのいろいろな研究を模型で展示してました。
エコみらい市16




ペーパークラフトみたいに見えるけど、ちゃんと構造解析までしてから木製の模型を製作している様です。
エコみらい市15




3寸5分角の柱材と垂木を組み合わせた構造体の様です。
エコみらい市14




これなんか一見『曲げわっぱ』みたいだけど、下には支えるための構造がキレイに組まれてました。
エコみらい市13





経年で腐食した配管が展示してありました。
エコみらい市19



排水の鋳鉄管や給水のライニングも継手のところから腐食して内部にサビが進行して、管が閉塞して行きます。
エコみらい市20




更生かけてもいずれまた進行して行きます。
エコみらい市23




ネズミにかじられたアキレスジョイント(ジャバラね)。
エコみらい市25
この事例はくろうらも何度となく遭遇しました。
キッチンや洗面の床下に使われていて、階下への漏水が起きています。





ぴちょんくん(女の子かな?)のデモカー。
エコみらい市33




屋根にはアヒルちゃんが。
エコみらい市35




ベース車両はトヨタのi-Qですね。
エコみらい市37
代理店の女の子がケータイで写真撮ってます。
仕事しなさいね(笑)





ワイパーアームを外してぴちょんくんが首をフリフリ。
エコみらい市38




こっちが男の子のぴちょんくん。
エコみらい市50
隣では太陽光発電システムの施工実演までやってました。






会場を出て駐車場に向かう途中、東京湾に橋が建設中なのに気付いて一枚。
エコみらい市51




また新たな橋がかかるんでしょうか?
エコみらい市52
地上からと海上から、4つに分けて繋ぎ合わせて行く途中ですね。
貴重なモノが見られて幸せ~!(笑)



この後会場から自宅のある都内を通過して横浜駅近くのホテルでご会食。
同業者・異業者を含めて情報交換。
有意義な時間を過ごす事ができましたよ。


この後ビンゴゲームもあり、くろうらはビール券が当たりました。
以前くろうらが勤務していたメーカーからも協賛品が提供されてました。


バスのチャーターからお弁当やホテルでの食事など、いろいろと莫大な費用がかかっているんでしょう。
販売店様、どうもありがとうございました~!(多謝)。

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

発売直後からドコモのSH-03Bを使用していて、『Xperiaとの比較』とかのキーワードで飛んでくる方が多かったのですが、最近は『SH-03B PDA』とかが多いんですよ。

んで、「PDAとして使えるのか?」って事への結論。
「使えませんな、コイツは」

スケジューラも従来通りのヤツ(クラシックと呼んでいるらしい)と現行のもの。
iスケジュールとリンクするんだけど、拾ってくるデータがTV番組やエンタメ・スポーツのネタとかニュースとか。
ビジネス系のニュースなんかはネットでそのまま読めるし、それ以外のソースなんか要らんっての!

オマケにアラームの設定出来る時刻は最大で99分まで。
一日前とか2時間前とかのPDAでは当たり前に設定出来ていた事が出来ません。

To Doリストとかも無いしね。

SHARPさん、アップデートで何とかなりませんかね?



呆れたのがテキストメモは10件までがMAX(!)って事。
SH-03B画像up01
この『life kit』の中にテキストメモが収められてますが・・・



SH-03B画像up02
これね。

って言うかこれ、スマートフォンじゃなくても『PROシリーズ』だろ?
これっぽっちじゃ仕事用のデータ入らないジャン!

いちいちigoogleにデータを読みに行ってたんじゃ通信環境が悪いエリアではお手上げでしょ?
たかだかテキストデータごときで!


あまりに使えないんでpdfファイルをmicro SDに取り込んで持ち歩きしてみました。
SH-03B画像up04
これがまた画面が小さいのと拡大・縮小したりスクロールするのにも読み込みに時間がかかって「イラッ」とくる。



pdfファイルのビューワーの画面です。
SH-03B画像up05
とにかく時間がかかるのと、スクロールするうちにどれが参照したいデータだったのか見失ってしまったり。



付いてて良かった(?)のがコレ。
SH-03B画像up07
歩数計ですがな。
え、「PDAとカンケーないだろ!」って?
まあまあ、そうなんですけどね。


消費カロリーもわかるんで健康管理には多少なりとも役立ってますよん♪
SH-03B画像up07
昨日なんか13615歩/約8kmも歩いちゃったし(笑)



『SH-03B きせかえツール』ってのも多いんで載せておきますね。
SH-03B画像up09
シャープのサイトからダウンロード出来るきせかえツールの中で面白そうだったのでダウンロードして、現在も使用中。
プラモのランナーとパーツを模したきせかえツールです。



『LYNX』も出てるからそっちにも関心が・・・
エンタメ機能を削ってビジネスの用途に特化したスマートフォンでオサイフケータイ付き、って出してくれないの?

にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

くろうらは住宅の改修工事を生業とする職場に勤務しており、耐震補強工事も請け負ってます。

建築基準法に則った耐震補強工事を実施すれば内容や規模によっては本体工事だけでも200万円を超えるし、付帯工事を含めると更に高額になってしまいます。
地方自治体の補助金もそれなりに出てはいますが、本体工事の大半を賄うほどではありません。

都内を始めとして耐震補強が進まないのは、この費用を捻出出来ない人達が多いからなんですね。


ごく安価に補強を行う方法として『品川シェルター』が知られていますが、これもある程度の建築工事が必要となります。
これももっと普及して欲しい工法なんですが・・・


そんな中で建物を補強するのではなく、建物の倒壊や家具の転倒・飛来による負傷や死亡を防ぐ安価な個人用シェルターが開発されたのでご紹介。




読売新聞より引用ね。


8月22日16時56分配信


 地震の際、とっさに逃げ込んで倒れてくる家具や柱、壁から身を守るため、和歌山県由良町衣奈のお好み焼き店経営大川勝義さん(69)が2年がかりで「耐震避難カプセル」を考案、特許を取得し、試作品を完成させた。

 大川さんは、「私自身が怖がりで、何とか助かる手だてはないかと考えたのが発想の原点」と笑い、出来栄えに満足そうだ。


 大川さんは、阪神大震災や新潟県中越沖地震などのニュースを見るたびに、自宅でがれきの下敷きになり、亡くなる人が多いことに胸を痛め、「倒れて来るタンスやテレビから身を守る方法はないか」と考えるようになった。そのためには、安全な空間を確保することが第一。
揺れが来たらすぐに避難できるよう、耐震性のある半球形のカプセルを作り、寝室に備えておけばよいのでは、と思いついた。


 昨年、特許を取得。地元には試作品を手がけてくれる業者は見あたらず、製作は東京のプラスチック製造工場に依頼。ファクスで約20回やり取りしてデザインなどを固めていき、今年5月、完成にこぎ着けた。

 材質は、軽くて強度があり、ボートの船体などにも使われる繊維強化プラスチック(FRP)を採用。厚さ3ミリで、直径1メートル、高さ1メートルの半球形とし、幅50センチの入り口を2か所作った。
重さは15キロで持ち運びも可能。500キロの耐圧があり、タンスやテレビが飛んできても安全が確保出来るという。


 2人が入ることが出来、内部に水やラジオ、非常食などを備えれば、救出までに多少時間がかかっても、しのぐことができる。FRPをもっと厚くし、大きなものを作れば、集団での避難場所にも応用できるという。


個人用耐震シェルター
耐震避難カプセルに入り、「これで大丈夫」と話す大川さん(和歌山県由良町で)




パッと見はただの小さい『かまくら』に見えますが、FRPで頑丈に作られていて2人が入れるようです。
震災発生時に飛んできた家具が身体にのしかかって脱出できずに亡くなった方も多いんです。
火に巻かれなければ救助されるまでの間だけでも凌げれば、生存率は格段に上がると思われます。

他社でも屋内だけを補強してシェルター化する方法やベッドやテーブル型の個人用シェルターが発売されています。

これが普及して多くの方の生命が救われる事を願います。
使う必要が無いのが一番なんですけど、『忘れた頃にやって来る』のが天災です。

備えあれば憂いなし。


にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン

RSSリンクの表示
photo memo

Photo memo

amazon・ad
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。