サファリY60のエンジン換装その他いろいろ3

道端でY60サファリのエンジンを換装するBLOGのはずですが・・・ 只今休止中・・・m(_ _;)m gooブログで近況報告を含めてPhotomemoのまとめ投稿中・・・→http://blog.goo.ne.jp/land_crawler

 
プロフィール

くろうら

Author:くろうら
ようこそ!

道端でサファリY60のエンジン換装するはず・・・
が、未だ停滞中。
日常の事やメインクーンの三女『みんと』の事も書いてたり。

最新記事
記事内 検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンメーカーのトーヨーが新しくショウルームを南青山にオープンします。
『TOYO KITCHEN STYLE TOKYO』

キッチンメーカーで「トーヨーなんて聞いた事無いぞ?」って思う方も多いでしょう。

サンウエーブ、タカラ、クリナップなどがキッチンメーカーの老舗としてお馴染みのはず。
サンウエーブについてはブロ友のkotarobsさんの記事にも書いてあるとおり、昭和の頃にJeepにも使われていた『アポロ』を製作していたステンレス加工メーカーを吸収合併したり、と歴史を物語る事実があるほどのメーカーです。

その当時、ステンレスシンクを作るために平らなステンレスの板を『深絞り』と言う方法でシンクの形に加工する技術を持つメーカーの生産設備と共に吸収したんでしょうね。
(この辺りは生産設備や重機の製作に携わっていた、私の経験上での想像です)


プレスブログのネタも自分のブログに関連する物や関心のある物だけ紹介させていただいているのですが、ようやく「自分の仕事に関係あるネタが来たか!」ってカンジです。

私のブログにお越しになる皆様はとっくにご存じでしょうが、今は建築工事の現場監督をやっている身なのでキッチンも当然ながら手掛けています。
元々が設備工事の現場代理人出身なので、設備に疎くて建築だけしか知らない現場監督よりも建築設備には精通しているつもりです。


今は代理店のリフォーム事業にも出向の形で携わっているため、メーカー各社の情報が豊富に入って来ます。

トーヨーキッチンのショウルームも商社の営業マンがオープン前の関係者向けイベントの招待状を持って来てくれていたので知ってはいたんですが、現場が忙しくて残念ながら見に行く事が出来ませんでした。


プレイベントの案内状とカタログを「眺めて」、サーチエンジンでwebサイトを探して商品のイメージやコンセプトも確認させてもらいました。
他のメーカーには無い商品の意匠とバリエーションです。

ターゲットは高級住宅やマンションに住み、従来のキッチンでは飽き足らないユーザーなんでしょうね。
家具とマッチしたデザインやキッチン下部をオープンスタイルにして、湿気が籠らない様に配慮している、との事です。


こう言ったコンセプトのキッチンは過去に旧ナショナル(電工か電産か忘れたけど)が『i-deco』と言う商品を出してましたけど訴求力が弱かったのか、ほとんど売れてませんでした。

あとね、このスタイルのキッチンを業界内では『ギョウチュウ』って呼んでるんですよ。
腸内に生息するあの『ぎょう虫』ではなく『業務用厨房』や、そののスタイルをコンセプトにしてる商品も含めて、ね。

イメージ悪っ!(笑)


そうそう、今のキッチンの不満点を書け、ってありましたけど、特に無いんですよ実際。
その代わりと言っちゃなんですが、一つだけ苦言を呈してもいいですかね?


キッチンの下部をオープンにするのはいいんですけど、キッチンキャビネット(下台)の固定はどうやってるの?
「COREシリーズ」あたりを見てもらうとわかると思うけど、本体の配管が床から立ち上がっている部分を化粧管で見てくれ良くするのはまあ、良しとしましょう。
でもキッチン本体は床の上に置いただけでしょ?

地震が来たらキャビネットが吹っ飛ぶでしょ?
縦揺れでキャビネットが浮き上がり、横揺れでキャビネットが横に滑り出すのなんて起震車の映像だけでも容易に想像出来るでしょ?


また、それに繋がってる給水・給湯管だけじゃなくてガス管もぶっちぎれるよね?
承認図も引っ張り出してみたけど給水・給湯管は化粧管の上にストレートの止水栓とフレキ結びが出来たとして、ガスはユニオンの直結になってたはず。

ガスフレキ+フレキコックじゃ外観がカッコ悪いから嫌がるだろうし、金属(器具)フレキなんかもっての外なんだろうな、きっと。
急激に流量が増えた場合、ガスメーターが『異常流量』を検知してメーター本体で遮断してくれるけど、給水メーターにはそんな機能を持たせてないよ?

フレキやユニオンで直結したネジ部から破断したら水・湯は噴き出し放題になるわな。
そんなところまで配慮して商品を作ってますかね?
金持ち相手だから漏水事故なんか屁でもないだろ、って考えなんですかね?

最近は水・湯の配管にはポリ管を使うところが増えたけど、床上の見えるところが金属管で、地震対策の施しようが無いんじゃ、マンションじゃマズいんじゃない?

高層マンションなら増圧ポンプを使っていて、震災時には緊急停止する物もあるけど、3階まで直結OKのいわゆる『3直』の低層マンションや高置水槽のあるマンションだとダダ漏れになる恐れがあるな、きっと。


例えば洗濯機の給水用水栓には緊急止水機能を持たせた物があります。
ところがキッチンや洗面化粧台に用いる止水栓にはそんな機能を持った物はありません。

ユーザーの立場に立つならキッチン本体を床に固定する方法も確立した上で、そう言った設備の副資材まで用意してから販売して欲しいと思った次第です。


トーヨーのキッチン、他のメーカーに比べると仕切り価格は高いけど、定価設定が他社の商品に比べて安目なので、エンドユーザーに渡る価格は結局同じ位になるんでしょうね。
仕切りが高い、ってのはきっと『サブユーザー泣かせ』な設定だな。

極力サブユーザーを排除してエンドユーザー相手の商売をしたい、って言うメーカーの思惑なんでしょうかね?
その割には『ユアサ商事』と組んでるから従来の販路も生かしつつ、直販のウエイトを増やしたい、って姿勢の現れなんでしょうかね?


こんな事書いたらプレスブログの掲載料なんか絶対もらえないだけじゃないな、きっと。
北野誠みたいに業界を干されちゃうのカシラ、私?(笑)


※追記
プレスブログの記事の評価は次のとおり。
ドコモのは『ベテランプレス級』、黄桜酒造の濁り酒のは『カリスマプレス級』でした。
『大変良く書けていました!次回も宜しくお願いします!
次回はレベルアップを目指してがんばってください!』
だってさ。

トーヨーキッチンさんがどんな評価を下すのか楽しみですね~!
体よく『落選』かな?(笑)


※再追記
プレスブログの判定結果が出ました!
結果は下記のとおり↓

------------------------------------

先日はプレスブログへの掲載申請をしていただきありがとうございました。

記事の判定結果が出ましたのでご連絡いたします。


━━━━━━━━━━━
掲載申請をしたリリース
━━━━━━━━━━━
「キッチンに住む」ショールームに出会える。トーヨーキッチンスタイルTOKYO誕生

━━━━
判定結果
━━━━
抽選漏れ


大変残念ですが、次回こそは原稿料をゲットしてください!
特別謝礼を目指して頑張ってくださいね。

------------------------------------
だってさ。
やっぱりね~(笑)

関連記事
スポンサーサイト












管理者宛の投稿

RSSリンクの表示
photo memo

Photo memo

amazon・ad
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。