サファリY60のエンジン換装その他いろいろ3

道端でY60サファリのエンジンを換装するBLOGのはずですが・・・ 只今休止中・・・m(_ _;)m gooブログで近況報告を含めてPhotomemoのまとめ投稿中・・・→http://blog.goo.ne.jp/land_crawler

 
プロフィール

くろうら

Author:くろうら
ようこそ!

道端でサファリY60のエンジン換装するはず・・・
が、未だ停滞中。
日常の事やメインクーンの三女『みんと』の事も書いてたり。

最新記事
記事内 検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫県の高校生含む21人の感染者に引き続き、大阪府でも感染者が確認されました。
政府は『感染地域指定』を検討中、と呑気な事を言ってますけど既に手遅れ。


神戸市の高校生がバレーボールの交流試合をきっかけとして感染した事までは確認出来ている模様。
感染者の周囲2m以内にいた『濃厚接触者』なんて追跡するのはもう困難な状態になってしまっています。
これから近畿圏を中心に爆発的に拡大するのは間違いないでしょう。


WHOは『フェーズ5』を宣言していますが、今までは国内の感染者がいなかったのでグローバルなレベルでは『フェーズ5A』でしたが、日本国内では感染者が確認された程度のレベルなので『フェーズ4B』のはずです。

教育機関を中心として感染が確認されれば学級閉鎖が実施されますが、自覚が無い家庭内での感染が通勤電車やバスなどを使う事によって急速に拡大し、多分1週間以内に『フェーズ5B』へと移行するでしょう。

その場合は不要の外出に対して自粛を求められ、公共施設も不要不急のものは閉鎖されるので公共サービスにも影響が出てきます。
公共機関の利用にはマスクの着用が義務付けられますので、他人への感染に無頓着なオヤジやオバサン、そんな教育のなってない親達に育てられたガキどももマスクを自己防衛のために着用せざるを得なくなるでしょうね。

ホント、咳やクシャミをする時に人の方を向いたまま平気でするヤツとか、手で覆わないヤツとかがまだまだいます。
ウチの事務所の若造にもそんなヤツがいて再三注意してるんですが、未だに直らない。
やっぱり『氏より育ち』なんだよね、『元ADの坊っちゃん』?


私の職場は横浜市内ですが、本社が大阪にあるので出張帰りの社員が戻ってきたり、逆に大阪からこちらに出張で来る社員もいるので、ウイルスを運んで来る可能性が濃厚です。
そうなれば神奈川県内や日本各地に急速に拡大するのも時間の問題。


今回は元が弱毒性の豚インフルエンザですが、人から人への感染途中に強毒性のウイルスに型を変える可能性も十分あり得ます。
メディアはまだその可能性を伝えていないため、感染拡大してから大騒ぎをするんでしょうね。
手遅れになってから責任を追及するんじゃなくて、その力を感染予防の啓発に使いなさい、っての。


ウチのヨメさんは医療現場で勤務しているので、その地域での感染拡大が発生すれば、家族や居住地域への感染を防止するための措置として最低10日間はその医療施設で足止めされるのは確実。
そしたら私が身の回りの物を差し入れに行かなきゃ、だなぁ・・・
一応「今のうちに食糧や飲料水の準備だけはして置く様に」、と言ってはありますけどね。


少なくとも自己防衛として外出する時はマスクの着用と手洗いは必須(感染地域ではもうマスクが売り切れている所も多い様です)。
今のうちにマスクを用意しておいた方が無難ですよ。
地域で感染が確認されたら乳幼児の外出も控えた方がいいでしょう。

ボーイスカウトの理念である「備えよ常に」を実践しているkotarobsさんも、スカウトのメンバーに伝えてあげて下さい。
皆様、予防対策を怠りなく。

関連記事
スポンサーサイト

今回のインフルエンザの件では、なんでGWに観光目的の渡航禁止にしなかったのか、理解に苦しみます。
そして、そんななか海外に遊びに行った人たちの気が知れません。
神戸の感染も、そんな不用意な渡航から広がったのではないでしょうか。
大きな事態にならずに収束されることを祈るのみです。

仰るとおりだと思います。
今回の感染拡大は政府が渡航禁止措置や機内での検疫を実施しなかったと言う失策に因るものだと思います。

今回は弱毒性ですが、強毒性の鳥インフルエンザが来る前に問題点の洗い出しが出来たのは不幸中の幸いでしょう。

怖いのは今回の件でパンデミックへの警戒心が薄れてしまう事です。
政府はメディアを通じて引き続き啓発の必要があると思います。
政府の対応が後手後手になってしまっていますね。
弱毒性だった事が不幸中の幸いとはいえ
この調子では鳥インフル時の対応も心配ですね。

>最低10日間はその医療施設で足止めされるのは確実・・・

缶詰状態になったら本人もご家族も
それこそ大変ですね。
僕も高齢者の施設勤務なので有りうる話です。
何泊か泊まる事の出来る準備を始めた方が
良いかも知れませんね・・・。
コメントありがとうございます。
レスが遅れてしまって・・・

ごんべえさんは高齢者の施設でお仕事されているんですね。
高齢者は抵抗力が弱くなっている事があるので、感染が心配ですね。
今回のH1N1は高齢者には感染しにくいタイプなのでは?と言う記事が出ていましたね。
もしかしたら過去に似たタイプのに感染していて、免疫を持っているのかもしれませんね。

最近は若いコ達の中で免疫を持たないせいか、結核のキャリアも増えているそうですし。
お仕事柄、ごんべえさんも身体に気を付けて下さいね。











管理者宛の投稿

RSSリンクの表示
photo memo

Photo memo

amazon・ad
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。