サファリY60のエンジン換装その他いろいろ3

道端でY60サファリのエンジンを換装するBLOGのはずですが・・・ 只今休止中・・・m(_ _;)m gooブログで近況報告を含めてPhotomemoのまとめ投稿中・・・→http://blog.goo.ne.jp/land_crawler

 
プロフィール

くろうら

Author:くろうら
ようこそ!

道端でサファリY60のエンジン換装するはず・・・
が、未だ停滞中。
日常の事やメインクーンの三女『みんと』の事も書いてたり。

最新記事
記事内 検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年07月20日

科学技術館にお出かけ

gooひとことにも書いたとおり、昨日は次女を連れて千代田区の『科学技術館』へ見学に。
次女ももう『子供』じゃないんで『夏休みの宿題』で見に行く歳でもないんだけど、展示内容に興味を持ったらしいので一緒にお出かけ。

色々な展示があったですが、最初は次女と一緒に展示を見て回るのにいっぱいで写真を撮れませんでした。
光や音などについての展示がいっぱい。
子供たちは目を輝かせて展示品や体験コーナーで楽しんでましたよ。


軽く昼食を摂ってから鉄の展示館へ。
科学技術館02
北の丸に引っ掛けて『鉄の丸公園』と書いてあります。


こちらにも『鉄の丸公園1丁目』と書いてあります。
科学技術館00
この中は子供にもわかる様に映像体験出来るミニシアターになっています。
これを見てから中の展示を見ると理解が深まりやすいと思いますよ。


これは隕鉄。
科学技術館04
宇宙から降って来た、主成分が鉄やニッケルなどの鉱物です。
レプリカではなく本物の様です。


こっちは新幹線700系の車輪だそうです。
科学技術館12
ぜ~んぶシルバーメタリックに塗装してあるんで、それらしく見えないかな?


シリンダーブロックやオイルパン、マニフォールドやホイールもシルバーメタにペイント。
科学技術館03



1975年製の国産セダンのボンネットだそうです。
科学技術館07
鋼板自体の厚さが0.9mmとの事。


2000年製のでは厚さは0.7mm。
科学技術館05
ただ厚さを減らすのではなく、強度も確保するために鉄鋼メーカーも組成を変えたりして日夜開発を続けてきた技術の結晶です。
車体を作るメーカーも構造解析や各種の試験を行って、厚さを減らす努力をしています。

血の滲むような努力をして車重を減らしている一方で、ユーザーに応えるために下らない安楽装備を取り付けて車重をあっさりと増やされるってのも、開発してるエンジニアにとっては釈然としないものがあるんだろうなぁ・・・と考えてしまいました。


こちらは滑り台。
科学技術館08
と言ってもタダの滑り台ではありません。


ステンレス管のエルボです。
科学技術館09
メーカー名の『BENKAN』と材質のSUS304、配管の呼び径である1200A(!)が記載されています。

内径1200mm。
これなら子供の滑り台にも出来ちゃうよな。
どこかのプラントとかに使う様なサイズです。
あとは給水本管くらいしかこのサイズではお目にかかりません。


この後建設についてやクルマの事などについても展示があったのですが、これはまた後程。

関連記事
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます!
後で連絡させていただきますね。











管理者宛の投稿

RSSリンクの表示
photo memo

Photo memo

amazon・ad
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。