サファリY60のエンジン換装その他いろいろ3

道端でY60サファリのエンジンを換装するBLOGのはずですが・・・ 只今休止中・・・m(_ _;)m gooブログで近況報告を含めてPhotomemoのまとめ投稿中・・・→http://blog.goo.ne.jp/land_crawler

 
プロフィール

くろうら

Author:くろうら
ようこそ!

道端でサファリY60のエンジン換装するはず・・・
が、未だ停滞中。
日常の事やメインクーンの三女『みんと』の事も書いてたり。

最新記事
記事内 検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感性だけで手に職がない 文系夫は家庭でもリストラされる! (ゲンダイネット)

こんなタイトルの記事がネットのニュースに載ってました。
ニュース記事の内容は次のとおりです。

----------------------------------

 いよいよ〈文系・大卒・30歳以上〉のリストラが始まった。会社だけじゃない。手に職がない「文系夫」は、家庭でも居場所がなくなりつつある。

 専業主婦の秀美さん(38歳=仮名)は2週間前、夫(44歳=メーカー勤務)と大ゲンカになった。きっかけは、インターネットの光回線工事。工事が終わった日の夕方、夫が「どう設定してもネットにつながらない」とセットアップを投げ出した。
「たぶん、モデムがもう古いんだよ」
「買ってまだ1年もたってないでしょう?」
 秀美さんがつい「まただわ」と漏らしたせいで、夫がキレた。
「じゃあオマエがやれよ」

 夫は文学部出身で、会社では販売促進部勤務。ツイッターやミクシィなど、ネット社会で起こっていることにはすごく敏感だ。半面、パソコン本体のトラブルはお手上げ。何かというと「もう古い」と、すぐ買い替えたがる。


●5年後の家計に格差が…
 長引く不況で、いよいよ手に職がないホワイトカラーがリストラされる――〈「文系・大卒・30歳以上」がクビになる〉(新潮新書)ではそう説いている。
 でもそれは、会社に限った話じゃない。離婚事情に詳しい恋愛コラムニストの早田令子氏は、2年前に「文系夫」と離婚した自身の経験からこう言う。

「妻の打算と思われるでしょうが、前夫と離婚したのは、村上春樹やビートルズを冗舌に語れても、家計や子どもにはプラスにはならなかったから。結婚のきっかけは、文学や音楽に造詣が深く、趣味や価値観が一緒だったか らでした。でもこの不況下では、文系の感性と好奇心だけで家族が幸せになれるとは限らないと悟ったのです」

 何事もカネで解決したがるのも、「文系夫」の悪いクセだ。前出の夫のように、壊れてもいないのにすぐ買い替える。パソコンやAV機器のセットアッ プも、もっぱら代行サービス。もともとメカに弱い「文系夫」は、メカに触ることすらしなくなった。


「これからは家計にも差が出るようになります。壊れてもいないモデムに〈何となく古いから〉と1万円、セットアップ代行に5000円。構造や因果関 係をきちんと理解している〈理系夫〉なら、この1万5000円は確実に浮かせられるでしょう。1万5000円がボディーブローのように効いて、家族や子ど もの5年後に大きな影響を及ぼすのです」(早田氏=前出)

 別掲の〈チェック表〉で「YES」が5つ以上なら、職場でも家庭でもリストラの危険性大だ。今は〈詩を作るより田を作れ〉の時代なのだ。

 秀美さんの子どもも、4月には中学入学。これから家計はますます苦しくなる。大学受験はまだ先だが、秀美さんは絶対理系に進ませようと決めてい る。

----------------------------------

【[キケンな文型夫]チェック表】
□新しいモノが大好き
□取扱説明書は読まない
□子どもの頃、おもちゃが壊れると泣いた
□映画を見たら酒を飲みながら語る
□ネットにグルメ評を書いたことがある
□野球よりサッカーが好き
□車のボンネットは開けたことがない
□スーパーの野菜は値段の高い方を買う
□料理は好きだが目分量で作る
□ツイッターにハマっている

[ 2010年2月18日10時00分 ]

----------------------------------

以上が記事の全文です。
どうですか、当てはまるモノがどれだけありました?
こんな記事読んで身につまされてるお父さんも多いのでは?


くろうらが当てはまったのは『新しいものが好き』が辛うじて当てはまるくらいかな~?
『大好き』ではなくて『興味がある』程度だし、スグには飛び付かもんね~。

ボンネット開けた事が無かったらエンジン換装なんか出来ないし。
元々メカ好きで機械オタクが嵩じて製造業に行ったんだし、製造業辞めてからは「次の仕事で製造業には行くもんか!」って選んでたから仕事に就くまでに資格が無くて苦労したからね。
「手に職付けたい」ってのと、「資格が有るのと無いのでは大違い」ってのを身を持って味わったよ。

縁があって建築設備業に就いて、今では建築工事の現場管理者をやってます。
手に職を付けるのと、資格を取っておいて良かったよ、ホント。


自分で施工していた事もあって、自分で色々出来ちゃう現場代理人・現場監督をやってますんで。
事務屋出身の管理者やデスク出身の現場の納まりを知らない設計屋と違って、職人さんの考えてる事や納まりのキモも理解出来ている自負もありますよ~。


事務系の資格はくろうらの職種ではほとんど役に立たないので、技術系の資格(特に国家資格関連)ばっかり取得してきましたよ。
天下りの役人を食わすための各種民間系の団体が作り上げた資格でも有効なものは多いけど、やっぱり国家資格は別格です。

過去のgooやDTIの記事でもご存知のとおり、家の事もぜ~んぶ自分でやっちゃう実務もこなせる管理(監理)者なのよ~ん!
おかげで職場でも家庭でも重宝がられて(?)おります。

ヨメさんも志を高く持ってナースの仕事を続けているので、フルタイムではないとは言えその辺の事務屋のOLやパートさんとは比べものにならない給与を貰ってきてくれてます。
くろうらも昨年度の昇格・昇給があったおかげで、昨年度より大幅に賞与もアップ。

長女が私立に通うようになって金がかかるけど、なんとかやってられるのも技術と資格のおかげです。
定年までに身体が壊れそうなくらいのハードワークだけど、家族のために頑張りますよ!


奥様、あなたのご主人にはいくつチェックマークが付きましたか?

関連記事
スポンサーサイト

まったくですね。

腕だけで食ってるなんて綺麗事になってしまったこの時代。

技術と資格の二本立てではじめて飯が食えるんですよね・・・・・

でもって、おれ馬鹿だから資格とかじゃなくって腕だけでやってんだよっていう逃げ方だけはしたくないです。

どちらもいっぱしになるために努力と勉強の日々が続いていきます。

ま、こういう人間なんで楽しんでやってますけどね!
お猿の親分、ご無沙汰~!

車の整備も、やっぱ資格が物言う時代なんですね。

建設業界では技術の裏付けとして、有資格者は公共事業の入札にも必須の条件になっています。

資格が仇になって、異動の話が現実味を帯びて来たのが不安なんですけど~ 











管理者宛の投稿

RSSリンクの表示
photo memo

Photo memo

amazon・ad
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。