サファリY60のエンジン換装その他いろいろ3

道端でY60サファリのエンジンを換装するBLOGのはずですが・・・ 只今休止中・・・m(_ _;)m gooブログで近況報告を含めてPhotomemoのまとめ投稿中・・・→http://blog.goo.ne.jp/land_crawler

 
プロフィール

くろうら

Author:くろうら
ようこそ!

道端でサファリY60のエンジン換装するはず・・・
が、未だ停滞中。
日常の事やメインクーンの三女『みんと』の事も書いてたり。

最新記事
記事内 検索フォーム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク

このブログをリンクに追加する

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナルジオグラフィック ニュースより引用です。



熟睡のカギを握る脳波が明らかに

2010年8月10日17時55分


 紡錘(ぼうすい)波と呼ばれる脳波には、睡眠を騒音から守る働きがあることが最新の研究で明らかになった。

 研究チームの1人、ハーバード・メディカルスクールのジェフリー・エレンボーゲン氏は、“快適な睡眠環境”を備えた実験室で3夜にわたる実験を行った。被験者は、毎晩の熟睡を自認する男女12名の協力を得た。

まず1日目は、静寂な環境下で被験者に寝てもらい、残りの2日間は被験者が睡眠状態に入ってから、ジェットエンジンの音や水洗トイレの流水音などの騒音を聞かせた。
脳波測定の結果、性別にかかわらず紡錘波が多く現れる被験者ほど睡眠が騒音に妨害されにくい傾向にあると明らかになったという。


 紡錘波(スピンドル)は14Hz前後の速い波で、この脳波が出現し始めると眼球運動は停止し呼吸は規則正しい寝息になる。すべての人から検出され、視床(ししょう)という脳の一部位によって制御されている。
脳のさまざまな部位に知覚情報を中継伝達するのが視床の役割だ。
睡眠時に現れる脳波については未知の部分が多くあり、例えば、紡錘波の量が人によって異なる理由はまだわかっていない。


 しかし今回の研究は、睡眠障害を抱える人の症状改善につながるかもしれないとエレンボーゲン氏は語る。
現代の社会では、睡眠中に何度も目を覚ます「中途覚醒」に悩む人が多く、その原因の1つはさまざまな生活騒音にあると言われている。
早朝のゴミ収集車や老朽化してきしむ配管に加え、われわれの身の周りには、耳障りな電子音を発する電化製品も増えてきた。


 エレンボーゲン氏は、「紡錘波が発生するプロセスを応用すれば、中途覚醒を克服できるかもしれない」と話す。
一例として、眠りが浅い人の紡錘波を増やす薬を開発できる可能性があるという。


 現在は、紡錘波の状態を調べて、個人が持つ騒音に対する耐性を予測できるかどうか調べているところだ。
実現すれば、生活環境の選択など、重要な決定をする上での参考になるだろう。
都会の喧騒が肌に合わない人は案外多いかもしれない。


 今回の研究結果は、8月10日発行の「Current Biology」誌に掲載されている。

Christine Dell'Amore for National Geographic News



と言うことです。
私の友人も中途覚醒に長年悩まされているそうなので、一日も早く解明されて実用化されることを願って止みません。


※Twitterへの連動通知が先行してしまったので、予約投稿をキャンセルして手動で投稿いたしました(汗)


にほんブログ村 車ブログへにほんブログ村 車ブログ 日産へ
にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村 その他ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへblogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

こんばんは。コメントありがとうございました。

「中途覚醒」に悩む人って・・・思いっきり僕のことじゃなかですか。
この記事、とても役に立ちました。

これがまた…晩酌の原因になっている訳なんですが(苦笑)。
ponちゃんも睡眠中に目覚めてしまうクチだったの?
夜中や明け方に何度も目が覚めてしまうのかな?


この記事は私の友人で、同じ様な症状に悩んでいる人がいて、少しでも早く解明されて熟睡してもらいたい、と言う気持ちを込めて書きました


ponちゃんも同じ症状で悩んでいるのであれば、早く解明されてぐっすりと眠れる様になって欲しいと思います

お子さんが産まれたらしばらくは夜泣きで起こされると思うので、更に睡眠障害が進まなければ良いのですが…











管理者宛の投稿

RSSリンクの表示
photo memo

Photo memo

amazon・ad
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。